お知らせ

HOME>お知らせ>現実(リアル)を求めてー収蔵品にみる具象と抽象ー 

お知らせ

現実(リアル)を求めてー収蔵品にみる具象と抽象ー 

2020年09月02日 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館


西洋の油彩画がもたらされた明治期以降、日本の画家たちは、事物にやどる魂やその本質を捉え、自身が見て感じた〝現実(リアル)”な姿を描き出すことに心血を注いできました。
本展では、作家たちが追い求めた〝現実(リアル)”という言葉をキーワードに、収蔵作品から様々な表現による作品を紹介します。

会期:9月8日(火)から11月29日(日)まで
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし、9月21日は開館・23日振替休館、11月23日は開館・24日振替休館)
会場:常設展示室
観覧料:【9/18まで】一般210円、大学・高校生100円、中学生以下無料
    【9/19以降】一般400円、大学・高校生200円、中学生以下無料※あわせて「開館25周年記念コレクション展 光の居場所~そこ・かしこに。」をご覧いただけます。

最新のお知らせ

ページトップへ戻る