お知らせ

HOME>お知らせ>企画展示「ピカソ展-ゲルニカ「タピスリ」をめぐって」

お知らせ

企画展示「ピカソ展-ゲルニカ「タピスリ」をめぐって」

2019年09月30日 群馬県立館林美術館


 パブロ・ピカソ(1881-1973)は、1937年、故国スペインの内戦で起きた無差別爆撃への衝撃から、大作《ゲルニカ》(国立ソフィア王妃芸術センター)を描きました。この絵は、同年のパリ万博で展示された後、ピカソの意思によりフランコ政権が終わるまでニューヨーク近代美術館に置かれ、ピカソ死後の1981年にようやくスペインに返還された、20世紀の歴史に深く刻まれる作品です。
 本展は、《ゲルニカ》を原画としほぼ同寸大で織られたタピスリ(タペストリー)を中心に、ピカソの絵画や版画の他、関連作品、資料を通して、《ゲルニカ》にまつわる様々な側面を見ていくものです。本展では、《ゲルニカ》を基点に、ピカソの政治・社会との関わりや、生涯情熱を傾けた闘牛、さまざまな動物のモチーフにも注目します。

■ 会  期  2019年10月5日(土)~12月8日(日)
■ 休 館 日  月曜日(ただし10月14日、28日(県民の日)、11月4日は開館)、
       10月15日(火)、11月5日(火)
■ 会  場  群馬県立館林美術館
■ 開館時間  午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■ 観 覧 料  一般820(650)円、大高生410(320)円 
       *( )内は20名以上の団体割引料金
       *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料。
       *群馬県民の日(10月28日)は無料。
■ 問い合わせ 群馬県立館林美術館 〒374-0076 群馬県館林市日向町2003
       TEL. 0276-72-8188 FAX. 0276-72-8338 
■ウェブサイト http://www.gmat.pref.gunma.jp/

最新のお知らせ

ページトップへ戻る