お知らせ

HOME>お知らせ>企画展示「みつめるー見ることの不思議と向き合う作家たちー」

お知らせ

企画展示「みつめるー見ることの不思議と向き合う作家たちー」

2019年07月02日 群馬県立館林美術館


日常の自然や風景、身辺の周りにあるものから受けとめたものを絵画表現とする、この見ることと描くことの間を橋渡しするものは何でしょうか。本展覧会では、見ること、感じることの神秘を問い、それを絵画空間でのみ表しうる独自の表現へと深め続けている7人の作家に注目します。
樹木のある空間を見つめ、紙の裏側から墨を滲ませてその濃淡により描画し、水墨画の伝統から新たな可能性を引き出す浅見貴子。柔らかい布、硬質な磁器など日常的なモチーフを取り巻く光に注目し、ものの存在を質感でとらえ、描き出す伊庭靖子。気配や湿り気、植物の香りなど、ふとしたできごとを五感で受け止めてドローイングへとつなげる金田実生。樹木や風景を描画した上を絵の具で薄く覆い、画面のレイヤーを通じて、イリュージョンと物質感を往還する児玉靖枝。あるとき、ある場所の光や風をはらむ海や空や街路の情景を、かけがえのないものとしてスケッチし、線と形と色相の響き合いへと置換する津上みゆき。樹々の間にのぞく果てしない空を、感覚の上に引き寄せる樹木の複雑な構造を通して、画面上に生じる「空間」の不思議を問う日高理恵子。天空や水中など、大気や水に満たされた大きな広がりを連想させる幻想的な世界を、繊細かつ深遠な色調によって作りだす水村綾子。彼らの作品は、現実世界と絵画世界の関係性の探究と、新鮮な発見を続けるための意識的で持続的なチャレンジ、この二つがクロスするところに成立しています。
7人の作家たちは、私たち誰もが知る日常の視覚的世界に根ざしながら、見ることの不思議を伝えるそれぞれ独自の絵画表現を通して、世界をみつめる透徹したなまなざしへと誘います。

【会期】2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝)
【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【休館日】月曜日(ただし7月15日、8月12日、9月16日は開館)、7月16日(火)
【観覧料】一般610(480)円、大高生300(240)円
     ※( )内は20名以上の団体割引料金 
     ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
【主催】群馬県立館林美術館
【助成】芸術文化振興基金

ページトップへ戻る