お知らせ

HOME>お知らせ>新収蔵品収蔵品展「日本凧めぐり-山鹿 郷土凧コレクション-」・子どものための特集展示「昭和のくらし」

お知らせ

新収蔵品収蔵品展「日本凧めぐり-山鹿 郷土凧コレクション-」・子どものための特集展示「昭和のくらし」

2022年12月04日 群馬県立歴史博物館


【新春特別収蔵品展】「日本凧めぐり-山鹿 郷土凧コレクション-」
天空の風を受け舞い上がる凧は、お正月の風物詩として親しまれ、日本の空を美しく彩ってきました。日本では竹、和紙などの凧作りに最適な材料に恵まれた風土をいかし、創意工夫に富んだ個性的な凧が発展してきました。また凧は、子どもの成長儀礼や魔除け、まじないなどの民間信仰とも関わりを持ち、私たちの暮らしと深く結びついています。本展では当館に寄託された300点を超える山鹿郷土凧コレクション中から、選りすぐりの凧をその由来・背景、凧にまつわる風習とともに紹介します。新春から早春に向かう暖かな風の訪れが待ち遠しいこの季節、博物館で鮮やかな凧とともにいち早い春風を感じてみませんか。

【子どものための特集展示】「昭和のくらし」
令和の便利な世の中になり、昭和ははるか昔のことのように感じていませんか?その昭和のくらしで使われていた生活道具を展示しています。あわせて当時の生活の場も一部再現しています。人々の生活がどのように変わってきたのかを見ることで、懐かしかったり驚きがあったりするかもしれません。そんな昭和のくらしを感じに来ませんか。

【会期】  令和4年12月17日(土)~令和5年2月12日(日)

【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)

【休館日】 毎週月曜日(ただし、1月9日〈祝・月〉は開館、翌10日〈火〉は休館)
      ※年末年始(12月29日~1月3日)は休館

【観覧料】 一般:500円・大高生:250円・中学生以下無料
      ※障がい者手帳持参者とその介護者1名は無料
      ※上記観覧料で2つの展示(日本凧めぐり/昭和のくらし)をご覧
       いただけます

【公式HP】 https://grekisi.pref.gunma.jp/

ページトップへ戻る