お知らせ

HOME>お知らせ>第101回企画展「フズリナってなに!?ーぐんまの化石ー」

お知らせ

第101回企画展「フズリナってなに!?ーぐんまの化石ー」

2022年10月07日 みどり市大間々博物館(コノドント館)


10月15日の「化石の日」から始まる今回の企画展は、大昔の海に生息していた生き物たちの化石を展示します。特に、みどり市を含む足尾山地で発見されたフズリナやウミユリなど、古生代ペルム紀(約2億6千万年前)の化石にスポットをあてます。
この他、渦巻状の歯列を持つ謎の古代サメ「ヘリコプリオン」や、「キリュウ」の名前を持つ三葉虫、みどり市の高津戸峡で発見された群馬県最古級のサンゴなど、県内で発見された化石が大集合します。

<開催期間>
令和4年10月15日(土)〜12月4日(日)

<休館日>
月曜日

<開館時間>
午前9:00〜午後5:00(入館は午後4:30まで)

<入館料>
一般:200円 小・中学生:50円
※20名以上で団体割引(一般:160円 小・中学生:30円)
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、その介護者1名は無料
※10月28日(金)の「群馬県民の日」は無料開放

<お問い合わせ先>
みどり市大間々博物館(コノドント館)
TEL:0277ー73ー4123
FAX:0277ー73ー4145
HPアドレス:https://www.city.midori.gunma.jp/conodont

最新のお知らせ

ページトップへ戻る