お知らせ

HOME>お知らせ>第30回企画展「森村酉三と利根沼田」

お知らせ

第30回企画展「森村酉三と利根沼田」

2022年09月01日 生方記念文庫


 今回の企画展では、高崎白衣大観音の原型制作者として知られ、群馬県立沼田高等学校の『五常の鐘』の作者でもある鋳金工芸家の森村酉三(1897-1949)と利根沼田について取り上げます。また、森村酉三作品のほか、佐藤春夫首像など、生方家所蔵の鋳金や彫刻など美術工芸品も展示します。

●開催期間
 令和4年9月16日(金)~令和4年11月28日(月)
●開館時間
 午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)
●休館日
 水曜日、9月20日(火)、9月26日(月)、10月11日(火)
 11月4日(金)、11月24日(木)
●開催場所
 生方記念文庫(沼田市上之町199番地1)
●観覧料
 110円
●関連行事
 ・ギャラリートーク「森村酉三とその周辺~スピンオフ沼高物語~」
  とき 10月1日(土)午後2時~午後3時
  講師 林 匡宏さん(群馬県立沼田高等学校元校長)
 ・ワークショップ「ブロンズ粘土で作る可愛い置物」
  とき 10月29日(土)午後2時~午後3時30分
  講師 古屋 日和さん
 ※上記、ワークショップは要予約。申込み等 生方記念文庫 電話22-3110

※写真:「森村酉三 沼田高等学校の五常の鐘(復元)のうち小鐘 沼田高等学校  
    所蔵/撮影:長塚秀人」

最新のお知らせ

ページトップへ戻る