お知らせ

HOME>お知らせ>没後25年記念特別企画 斎藤清版画展 飛翔するノスタルジア

お知らせ

没後25年記念特別企画 斎藤清版画展 飛翔するノスタルジア

2022年06月26日 高崎市タワー美術館


明治40(1907)年、福島県河沼郡会津坂下町に生まれた版画家・斎藤清は、日本の近代版画を代表する作家のひとりです。父親の事業の行き詰まりによって4歳で郷里・会津を離れ、その後、北海道夕張から小樽、札幌へと移り住みました。
尋常高等小学校の卒業後は、看板店で働き、また図画教員の成田玉泉にデッサンや油彩を教わりますが、より本格的に勉強するため、昭和6(1931)年に東京へ移住、広告宣伝の仕事をしながら絵を学び、昭和7(1932)年には第9回白日会展に出品した油彩画が初入選を果たします。昭和11(1936)年、安井曾太郎の木版画《正月娘姿》に刺激を受けて制作した《子供座像》《子供》が第5回日本画協会展に初入選、以降、版画制作へと傾倒していきます。昭和24(1949)年、在日外交官の夫人らが主催して旧徳川邸で開催されたサロン・ド・プランタン展に出品の《ミルク》が一等賞を受賞、昭和26(1951)年にはサンパウロ・ビエンナーレに日本代表として《凝視(花)》を出品するなど、外国人の間で人気となって海外でめざましい活躍を見せ、平成9(1997)年に90歳で亡くなるまで、世界的に知られる版画家として国内外で数々の作品を発表しました。柔らかな曲線とシャープな直線とを自在に組み合わせて構築されたシンプルな構図は、対象となるものの特徴を的確にとらえ、今も多くの人を魅了し続けています。
本展覧会では、戦後から晩年まで、およそ半世紀におよぶ斎藤清の作品群のなかから版画作品89点を厳選し、9つの章で紹介します。また、創刊号から担当したNHK「きょうの料理」のテキスト表紙絵もあわせて紹介し、斎藤清作品の造形の魅力に迫ります。

午前10時から午後6時まで、金曜日のみ午後8時まで
※入館は閉館30分前まで

休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)、8月12日
*会期中の休館日/7月11・19・25日、8月1・8・12・15・22・29日

展覧会ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2022060700063/

ツイッター
https://twitter.com/TowerMuse (@TowerMuse)

斎藤清《さざ波》1994年 やないづ町立斎藤清美術館蔵

学芸員による作品解説会〔要観覧料〕
日時:7月9日(土)、7月24日(日)、8月7日(日)、8月20日(土)、9月3日(土)いずれも午後2時~
定員:各回15名 ※当日午後1時30分から受付にて整理券を配布します

※状況によって中止となる場合がありますので、ホームページ等をご確認のうえ、ご参加ください。

最新のお知らせ

ページトップへ戻る