お知らせ

HOME>お知らせ>戦国上州の刀剣と甲冑

お知らせ

戦国上州の刀剣と甲冑

2022年06月25日 群馬県立歴史博物館


戦国時代の上州の郷土刀は、五家伝の中の相州伝を基礎にしていると言われます。相州伝は正宗などでたいへん著名な刀剣を生み、その系譜を継ぐ上州の郷土刀を展示します。甲冑では、上杉や武田といった戦国大名にも愛用された上州甲冑師の製作した貴重な兜が確認されています。古文書や絵画もあわせて展示し、製作者を含めた上州の刀剣と甲冑の姿とその歴史に迫ります。

【会期】  令和4年7月9日(土)~8月28日(日)
      ・前期:7月9日(土)~7月31日(日)
      ・後期:8月2日(火)~8月28日(日)

【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)

【休館日】 毎週月曜日(ただし、7月18日は開館、翌19日休館。8月15日は開館)

【観覧料】 一般:800円・大高生:400円・中学生以下無料
      ※障がい者手帳持参者とその介護者1名は無料

【公式HP】 https://grekisi.pref.gunma.jp/

最新のお知らせ

ページトップへ戻る