お知らせ

HOME>お知らせ>収蔵品展「記憶の引きだしーあの頃のわたしたちー」

お知らせ

収蔵品展「記憶の引きだしーあの頃のわたしたちー」

2021年02月13日 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館


昭和期の子どもたちはどんな暮らしをしていたのでしょうか。昭和30年から50年代にかけて谷内六郎が描いた『週刊新潮』の表紙絵を紹介する企画展「谷内六郎~絵あそび・言葉あそび~」の開催にあわせ、本展では、当館の収蔵資料から谷内が生きていた頃の子どもたちの日常の様子がわかる文具やおもちゃなどを、懐かしい富岡市報とあわせてご紹介します。
みなさんの中にある、記憶の引きだしを開けてみませんか?

会期:2021年3月2日(火曜日)から5月16日(日曜日)まで
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし5月3日は開館)
会場:常設展示室
観覧料:3月19日(金曜日)まで:一般210円、大学・高校生100円、中学生以下無料、
    3月20日(土曜日・祝日)から:一般400円、大学・高校生300円、中学生以下無料

ページトップへ戻る